ごあいさつ

こんにちは。
「ミリオンズ・ライフ(MillionsLIFE)」を運営しています大久保淳一です。
日頃より当サイトをご愛好頂き誠にありがとうございます。ご挨拶を兼ねてこのメディアのスタート原点についてご説明させて頂きます。

私は2007年に最終ステージまで進行した精巣がんを患いました。がんが精巣のみならず腹部・肺・首のリンパ節まで転移し低い5年生存率を告げられました。がんと転移の診断がおりた時は、まるで真っ暗な深海の底に沈んでいくような恐怖と孤独を感じました。

それからは情報が欲しくて一生懸命にインターネット検索をしたのですが、目につくのは現在治療中の人のつらい話や、がんで亡くなられた人の話ばかりで気落ちしました。
当時私が欲したのは「治療後、無事に社会に戻り元気になった人たちの情報」と「がんを経験した人たちとコミュニケーションが取れる仕組み」でした。

がん治療から7年が経ち元気に社会に戻れたいま、当時自分が欲しかったものを作りたいとして「5years」の活動を始めました。「5years」には治療中の患者さん、そのご家族、がんを経験した人たちの情報がたくさんあり、とても参考になると同時に勇気づけられます。

一方、そこにある情報はご登録されている人たちのみが閲覧可能です。また、ご本人が記載される情報の量には個人差があります。

だから5yearsに登録されている人たちの感動的なストーリーを深堀りして、誰もが読むことができ元気と勇気をもらえる、そんなメディアを作りたくてこの「ミリオンズ・ライフ(MillionsLIFE)」を立ち上げました。
ここには感動的なストーリーが数多くあります。
そして体験に基づく価値ある情報がちりばめられています。
新たにがんを患う人が毎年100万人いると言われているいま、みなさんの生活を支援するような「希望」と「感動」に満ちたメディアにして参りたいと思います。
ぜひ、愛読者になって頂き、このサイトを多くの方に広めて頂けると嬉しいです。
そうすれば、ここにあるストーリーと情報が必要としている人たちに届くと思うのです。
広めてください。
どうぞ宜しくお願い致します。

okubo
大久保淳一
ミリオンズ・ライフ(MillionsLIFE)
2016年11月