【ストーリー】藤田誠二さん 慢性骨髄性白血病(CML)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

慢性骨髄性白血病(CML) サバイバー藤田さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】藤田誠二さん 慢性骨髄性白血病(CML)
  2. 第1話「献血ルームでの予備問診」
  3. 第2話「白血球の数と腰の痛み」
  4. 第3話「血液の数値異常。大きくなる不安」
  5. 第4話「血液検査結果報告書」
  6. 第5話「慢性骨髄性白血病の疑い」
  7. 第6話「骨髄穿刺」
  8. 第7話「仕事への復帰と治療の継続」
  9. 第8話「隠し続けてきた“がん”を明かしたこと」
  10. 第9話「誰かのヒーローに」

>>藤田誠二さんのインタビューを読む

>>藤田誠二さんのがん経済を読む

基本情報

名前: 藤田誠二さん
年代: 40代、男性
病名: 慢性骨髄性白血病(CML)
進行: 慢性期
発症: 2014年 12月(38歳)
治療: 分子標的薬(スプリセル)による投薬治療
期間: 2015年3月~2016年12月(現在も継続中)
合併症:無し
職業: 技術職
生命保険: 入院保険/がん保険(東京海上日動あんしん生命保険)

次を読む >> 第1話「献血ルームでの予備問診」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。